社長日記

ヒートショックにご注意を

社長日記 自己紹介へ
2018/11/22(木) 未分類

「温かい家は寿命を延ばす」山口大学医学部名誉教授の江里健輔医学博士のお言葉です。

朝晩だいぶ冷え込んで参りました。
寒くなりますと、家の中で温かい部屋から急に温度の低いトイレや浴室に行った時に、血管が急に収縮して、脳や心臓の疾患でお亡くなりになる事故が多くなります。
一般にヒートショックと言われていますが、一年間でなんと17,000人もの方が家の中でお亡くなりになるとの事です。江里先生も「健康寿命を延ばすような家づくりをして欲しい」とおっしゃっています。

対策としては、室内の環境を良くする事がまずあげられます。
断熱工事をしっかり行い、家の中の室温を温かくし、どこでも極力一定にする事です。そして冬の間、とにかく温かく過ごす事が大切です。今は各種実験で実証済みです。
また、水分補給等もしっかり行う事も必須です。

住環境を整え、生活面で少し氣配りをされ、この冬をお元氣でお過ごし下さい。

 

ご意見ご感想はこちらまで

記事一覧

1ページ (全361ページ中)

ページトップへ