ページトップへ

住宅性能表示について | 大野建設 埼玉

住宅性能表示について

住宅性能表示について

住まいの安心のモノサシ

「住宅性能表示制度」をご存知でしょうか。この制度は、家がほしい人が良質の住宅を安心して手に入れられるよう法律で定められたもの。いくつかのポイントから住宅の性能をチェックする、いわば"安心のモノサシ"です。

これらのモノサシは住宅の外見や、簡単な間取り図からは判断しにくい項目が優先的に採用されています。新築住宅にも既存住宅にも、それぞれこの制度が適用されています。

 

すべてが最高等級である必要はありません

チェック項目すべてが最高等級である必要はありません。全てをクリアしようと思えば費用もかかりますし、窓を広くすれば耐震性が低くなるなど、相反する要素を含んだ項目もあります。

どの部分に特に力を入れるかは、お客様がどんな住まいづくりを望んでいらっしゃるかによって変わってきます。大野建設では、標準仕様で建てた場合、ほぼ半分は最高等級をクリアしています。残り半分についてはお客様と対話を重ねる中で、十分納得していただいて施工していきたいと考えています。

どのような疑問、要望にも真心こめて対応させていただきます。どうぞ何でもお気軽にご相談下さい。

 

チェックポイントの概要

安心をはかる項目は以下の通りです。

1.構造の安定

地震や強風などに対する建物全体の強さ

2.火災時の安全

火災の早期発見のしやすさ。建物の燃えにくさ

3.劣化の軽減

年月が経っても土台や柱があまり傷まないようにするための対策がどの程度なされているか。

4.維持管理への配慮

配水管、給水管、給湯管、ガス管の点検、清掃、補修のしやすさ

5.温熱環境

冷暖房時の省エネの程度

6.空気環境

内装材のホルムアルデヒド放散量の少なさ及び換気措置

7.光・視環境

日光や採光を得るための開口部面積の多さ

8.音環境

サッシ等の遮音性能

9.高齢者への配慮

バリアフリーの程度

 

性能表示

構造の安定に関すること

内容(代表例)

耐震等級(構造躯体の倒壊等防止)
地震に対する構造躯体の倒壊、崩壊等のしにくさ

標準仕様の性能

建築基準法施行令第88条第3項に定めるものの1.25倍

(2等級以上)※1

 

劣化の軽減に関すること

内容(代表例)

劣化対策等級(構造躯体等)
構造躯体等に使用する材料の交換等大規模な改修工事を必要とするまでの期間を伸長するため必要な対策の程度

標準仕様の性能

3等級[最高ランク]

通常想定される自然条件及び維持哲理の条件の下で3世代(おおむね75~90年)まで、大規模な改修工事を必要とするまでの期間を伸長するため必要な対策が講じられている

 

維持管理への配慮に関すること

内容(代表例)

維持管理対策等級(専用配管)
専用の給排水管及びガス管の維持管理(清掃、点検及び補修)を容易とするため必要な対策の程度

標準仕様の性能

3等級[最高ランク]

清掃口及び点検口が設けられている等、維持管理を容易にすることに特に配慮した措置が講じられている

 

空気環境に関すること

内容(代表例)

ホルムアルデヒド対策(内装)
居室の内装材からのホルムアルデヒドの放散量を少なくする対策

標準仕様の性能

特定木質建材(パーティクルボード、MDF、合板、構造用パネル、複合フローリンク、集成材または単板積層材)を使用する

 


 

内容(代表例)

ホルムアルデヒド放散等級
居室の内装材として使用される特定木質建材からのホルムアルデヒドの放散量の少なさ

標準仕様の性能

4等級[最高ランク]

(バーティクルボード/MDF/合板/構造用パネル/複合フローリング/集成材/単板積層材)
ホルムアルデヒドの放散量が少ない(日本工業規格のEo等級相当以上または日本農林規格のFco等級相当以上)

 

※1 当社が標準で対応している等級です。
(建物の形状や予算面等を考慮し、1等級、3等級にも対応はできます)

※2 当社が標準で対応している等級です。