ページトップへ

二世帯 楽緑の家(注文住宅・行田市熊谷市周辺) | 大野建設 埼玉

佐谷田展示場「二世帯 楽緑の家~」

二世帯 楽緑の家(注文住宅・行田市熊谷市周辺)

二世帯 楽緑の家

楽緑の家 楽緑の家 楽緑の家
大野住宅の家づくりの王道である
住まう人の健康としあわせを第一に考えた“きづくり”シリーズの第2弾として、
多くの“縁(えん)”を感じることのできる古き良き日本の住宅建築と、
スマートハウス化された近未来の要素が織りなされた本格注文住宅です

“きづくり”シリーズ 第二弾
3つのコンセプト

家族の縁 地域・近所との縁 自然・地球環境との縁

 

 

1. 家族の縁

近頃ご相談を頂くことが多くなった『二世帯住宅』。しかし単に『二世帯住宅』と言ってもその考え方は、様々なものがあります。玄関から水廻りまで完全に分離した『完全二世帯』や、玄関、浴室を共有しLDKのみを分離する『半二世帯』など。そんな中、唯一変わらないことは、それぞれの世帯でのコミュニケーション。世代を超えた家族の縁を育み、お互いが助け合える暮らしが大切だと考えます。「楽縁の家」は、たまり場で家族の縁を育み、おたがいが助けあって暮らせる二世帯住宅です。

家族の縁
家族の縁

大野建設は、1Fと2Fで世代にあった仕上げ・雰囲気を変えているので、
世代に合った単世帯にも対応ができます。

 


 

2.近所・地域との縁

古き良き時代の日本の住宅に必ず見られた『縁側』。そこでは、家族はもちろんご近所の誰でも気軽に立ち寄り、お茶を飲み交流する、まさに地域との結びつきを深める場でもあったのです。地域との縁が、地域の安全性を高め、ときに人の命をも助けることが出来るということを教えてくれているように思います。

近所・地域との縁


 

3.自然・地球環境との縁

電気があってあたりまえ、コンセントに差し込めば電化製品は使えてあたりまえ。私たちは、今まで『エネルギー』について真剣に考えることをしなかったのではないでしょうか。私たち大野建設は、太陽光発電・省エネ冷暖房・蓄電池・エコマネシステムによる「創エネ、省エネ、蓄エネ」ができる家として、『エネルギーを創る、省く、蓄える』という住宅のスマートハウス化を考えました。また、合わせて構造材に国産材を使うことも実現しました。このことは、本当の意味での自然・地球環境との縁を結ぶことにつながるのです。

 
自然・地球環境との縁
 

 自然・地球環境との縁


 

楽縁の家は、構造材に国産材を使用しています。
大野建設が国産材を使用する理由。

大野建設が国産材を使用する理由

国土の3分の2を森林が占める、緑豊かな国、日本。しかし昨今の住宅建築では工業化・効率化・低価格化を求めるあまり、国産材ではなく安価な輸入材が多く使用されるようになってきました。

その結果、伐採されない森林は手入れが行き届かなくなり、やせ衰え、土砂崩れや洪水を引き起こす原因にもなっています。国内の木を育て、切って、使う。そんな森の循環を守ることが、豊かな自然を未来に伝えることになるのです。

また、木を巧みに加工する熟練の技を後世に残すこと、そして輸入材を輸送する際に必要とされるエネルギーの削減やCO2排出の削減による本当の意味での低炭素住宅の実現も、現代を生きる私たちの使命であり、それらも国産材を使用することで実現することができるのです。

新建材によって引き起こされるシックハウス症候群やアレルギーを避けるためだけではなく、現代の住宅建築を行う者の使命として、私たちは構造材に国産材を使用しています。

大野建設の家「きづくり」について詳しく知る
大野建設の家「きづくり」
宿泊体感できる「きづくり」の展示場はこちら
体感宿泊展示場「きづくり」

 

 熊谷市周辺で注文住宅をお考えの方はぜひ一度ご見学にいらしてください。

ご来場をお待ちしております

新・佐谷田展示場

きづくりシリーズ「楽縁~らくえん~の家」
〒360-0023 熊谷市佐谷田200新熊谷ハウジングセンター内
TEL:048‐501‐8030

 

『佐谷田展示場 楽緑の家』見学予約フォームはこちら