ページトップへ

リフォーム・古民家再生 「再生継家~さいせいけいか~」 | 大野建設 埼玉

リフォーム・古民家再生 「再生継家」

リフォーム・古民家再生 「再生継家~さいせいけいか~」

 「再生継家~さいせいけいか~」

大野のリフォーム

心のリフォーム

地元・行田市に根を下ろして100年以上。私たちの先輩が建てた家が、50年、60年の歳月を経てなお、美しい姿を保っているのを目にするとき、私たちは誇らしさと感謝で胸がいっぱいになります。

誇らしさは、自分たちの会社がしてきた仕事に対して。そして、感謝は言うまでもなく、住んでくださっているお客様に対してです。

大切に使ってやれば、家は100年以上もちます。実際、大野のリフォーム部門の80%は、かつての新築のお客様。どの方もわが家に愛着をもって、大切にしてくださっている方ばかりです。

私たちは単に、家という「もの」のメンテナンスをしているのではなく、大切な家族の思いが詰まった「かけがえのない愛の巣」を守るお手伝いをしている―。

それが、私たちのリフォームに対する考え方です。

 

心のリフォーム

先代大野島蔵(左)とT様(右)

(100年前に新築した行田市T様邸にて)

 


 

家は生きている

齢60年の木は60年もつと言われます。木の家は、住む人とともに成長する家です。

子どもたちの背たけを刻んだ柱、手形のついた壁、そっと涙を吸い込んだ床・・家は家族の歴史をその身に刻み込んで、年老いていくのです。

家を壊して建て替えることは、建築業界の売上増進にはつながりますが、それが人間の精神や文化を育てることにつながるでしょうか。

私たちはいま、目先の利益に惑わされて大切な何かを忘れかけているような気がしてなりません。

  家は生きている

 


 

リフォームは愛

家を大切にする心、それは地域を、ひいては地球を大切にする心につながっていきます。

環境をできるだけ痛めない家づくり。そして手を入れることで長持ちさせるリフォーム。その中で、ものを大切にする心が自然に生まれ、資源の無駄づかいも避けることができるのではないでしょうか。

近年、大野建設では病院の増床・改修、工場の増改築といった大規模なリフォームを求められることが多くなりました。

規模はいくら大きくなっても心は同じ。
建物がある限りそこには人がいるのですから。

私たちは、リフォームを通して、大きくゆったりとした視点と、他者を思いやる心を培っていきたいと願っています。

 

リフォームは愛

 

 

 


 

古民家再生

「日本の民家を次代へ活かし継ぐ。」

建築士と大工によって現状をよく調査し、必要に応じて基礎から軸組みの構造的補強を行い、更に当初の姿の歴史性や思い出の痕を未来へと繋がるように残しその建物でしか出来ない改修を行っていきます。

それはかつての職人にとっては難しい事ではありませんが、現代では伝統と現代に通用する豊富な知識と高い技術力でしか実現はできません。また古民家などの歴史的な建物を残していくためには、それらの技術に精通する職人が不可欠であり、またその技術を現実の仕事を通して受け継いでいく必要があります。大野建設は100余年の家づくりにおいて古民家のリフォームを手掛けてきた実績と積み重ねてきた大工技術があります。特殊な建築物である古民家を的確に調査・診断し、現代的で快適な暮らしを実現していきます。

 古民家再生 古民家再生

 古民家再生  古民家再生