ページトップへ

福を呼ぶ建物づくり | 大野建設 埼玉

福を呼ぶ建物づくり

私たち大野建設は、家づくり、建物づくりを通してお客様に「幸福」が来なければ本当にお役に立ったとは考えません。お客様は、何のために家づくり、建物づくりをされるのか。
その目的をお客様が獲得できて始めてお役に立てたこととなるわけです。そうした思いでお引渡し後もお客様のことがとても気がかりです。
後にお伺いしてみて解ったことは、実に多くのお客様にとてもハッピーな出来事が起こっているということでした。本当に本当にうれしい限りです。
私たちの仕事はおめでたい仕事です。福を呼ばなければなりません。このおめでたい結果を出してくれる、見えない「何か」を大切にしていきたいと考えております。これからも「福を呼ぶ家づくり」の実績を積み上げてまいります。

 石橋一魁先生からひとこと

かつて、家は洞窟でした。それは雨・風を凌ぐ、つまり、生きるための大切な場所だったのです。今は、経済的には豊かですが心を忘れかけているように見えてなりません。
大切なものはなんでしょうか?
ぬくもりがあり、ほっとする。いつでも帰っていける場所。それが家だと私は思っています。 (石橋一魁先生)

 七福神色紙

私たちはお客様に七福神色紙を差し上げています。
一枚一枚手書きで七福神を描いてくださっているのは石橋一魁先生。
七福神に見守られ、さらに福が来るように。それが私たちの願いです。

 七福神色紙

大野建設エピソード集 お客様におこった嬉しいできごとをご紹介します。
千五百年前の地層よりこんにちは....行田天然温泉 古代蓮物語様
増設を重ねる行田総合病院様
家づくりだけでなく縁むすびも…
福をつなぐうどん屋さんとおそば屋さんのお話
空き家ゼロの人氣マンション

熊谷のおじいちゃん

千五百年前の地層よりこんにちは  (行田天然温泉 古代蓮物語様)

江戸時代から伝わる足袋の街・行田、足袋の老舗、ガクヤ㈱の小池社長のお住まいを工事させて頂いた時に大野社長は、「小池社長さん、うちで工事をしたお宅は、よく解りませんが必ず福の神が訪れるんですよね....」なんて言ってしまった。その後、お客様の工場移転に伴い、その跡地利用がクローズアップし、結局これからの時代に合わせ、心身の健康・癒しをとらえたスーパー銭湯をご提案しました。将来を見越して天然温泉を掘り、温泉を見事に掘り当てました。関東でも五本の指に入る質の良い温泉で、連日大変な人氣です。当初の予測を遥かに超えて、土日は二千人、平日でも千人を超える老若男女で賑わっています。一日でドラム缶二千五百本の湯量が出るとは驚きです。千二百メートルの土の下にも福の神がいらっしゃいました。

行田天然温泉 古代蓮物語様

増設を重ねる (行田総合病院様)

平成元年に壮幸会行田総合病院を初めて新築の施工をさせて頂きました。川嶋様は大宮の地から初めて行田に進出されました。第一期工事はスーパーゼネコンの清水建設との共同施工でスタート。その後、川嶋院長様のご自宅、ご近所の鎌田様の新築工事、川嶋理事長のご自宅まで。引き続き病院の増築、老健施設など増設に増設を重ね数えること十棟。今や行田ナンバーワンの規模を誇る病院となっております。その後、色々な業績を認められ川嶋理事長は、勲五等を天皇陛下より授与されました。 名門川嶋家のご隆盛を名実共に、強く感じております。

行田総合病院様

家づくりだけでなく縁むすびも…

ある銀行様のご紹介で、二世帯住宅を土地のお世話から建築までさせて頂きました。家の完成間近になった時、お父様より「大野さん、土地と家だけでなく、お嫁さんも我が家のセガレに頼むよ」と言われました。四十歳のご長男は大変優秀な学校の先生でしたが、今までご縁がなかった訳です。 間もなく素晴らしいお嫁さんを紹介でき、一年後にはめでたくご結婚。今はお二人のお子様にも恵まれ、若主人は県教育界で大活躍をされており、お幸せに暮らしています。 大野建設は、家づくりだけでなく、日頃の福を呼ぶ縁結びもとても大事に思っています。

家づくりだけでなく縁むすびも…

福をつなぐ うどん屋さんとおそば屋さんのお話

平成十三年に行田市内にあったうどん店、由すみさんが店舗を当社社有地に移転しました。開店以来うどんの打つ量が倍になり、今年になってからご飯物が三割増えたそうです。また、新店舗になってから家族連れが増え、毎日常連客でにぎわっています。
あるお客様のご紹介でそば好きの大野社長は、熊谷市の藪伊豆というおそば屋さんを知りました。日本一おいしいおそば屋さんと思っていつも盛りそばとかけそばを欲張って食べていました。そのご縁でお店の建て替えを依頼されました。その後、こちらの藪伊豆さん連日大勢のお客様が押し寄せます。遠方からのお客様や運転手さん付の黒塗りの車に乗ったお客様が増えたり、転勤時には後任の方にも申し送られるほどの人氣です。予定以上の業績で返済計画も繰り上げられ、早々と完済とのお話し...。
うどん屋さんもそば屋さんもツルツルと福を繋ぐ縁起の良い商売です。

福をつなぐ  福をつなぐ

空き家ゼロの人氣マンション

行田駅近くの青木マンションさん。昭和五十九年に新築しました。その前にお住まいの工事も弊社でさせて頂いておりました。鉄筋コンクリート、タイル貼り、見るからに安定感のある建物です。当時、月七万五千円の家賃は決して安くないと思いましたが、完成以来いつも満室、仮に空いてもすぐに埋まってしまうそうです。 不思議、不思議、約二十年経た今でも建物が少しも古びず、若さと美貌を保っています。

熊谷のおじいちゃん

1990年、熊谷松村邸を熊谷市銀座に建て替え、松村さんのおじいちゃんはなんと九十七歳、まだまだ現役でいらっしゃる。現在も自転車で銭湯通い、毎日仲間とお風呂三昧、電話に出る声も元氣でハツラツ。「生涯現役」っていうよりむしろ「生涯青春」と言った方がいいかもしれません。いつまでも天寿を全うしてほしいと思います。 福を呼ぶ家づくりは、皆様が元氣で健康で長生きする家づくりでもあります。