ページトップへ

長生きできる家づくり | 注文住宅ブログ 大野建設 埼玉

スタッフ日記 住宅編

  • 長生きできる家づくり

  • 2017/11/06(月) 未分類

厚生労働省の統計によると、ここ数年、交通事故で死亡する人はほぼ半減しているのに対して自宅での不慮の事故でお亡くなりになる方が年々増加しているデータがあります。

自宅での死亡事故死の原因の中でも急激に増加しているのが浴室での死亡事故です。

この原因と言われているのが暖かい居間と寒い脱衣室や浴室との急激な温度差によるものです。

これは『ヒートショック』と呼ばれ、血圧の急激な上昇・低下を招き体に負担を与え、心筋梗塞や脳梗塞などの原因と言われており早急に家庭内での住環境の見直しが求められています。

そこで大野建設では、家の断熱性能を高めて寒さや温度差をやわらげる家づくりをすることで健康に過ごせる家になっております。断熱性能の高い家は、各部屋での温度差が少ないのでトイレに行くときに寒い思いをすることもありません。

家が暖かくなると活動的に体を動かすことが出来て血流も良くなり健康改善につながります。  

ご意見ご感想はこちら      住宅・リフォーム事業部  橋本 嘉寛

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
前月 翌月

アーカイブ

バックナンバー