ページトップへ

永く住んだ家に感謝を込めて | 注文住宅ブログ 大野建設 埼玉

スタッフ日記 住宅編

最近ご相談を頂くことの多いことに「お住まいの建替え」があります。

高度成長期に建てた家が、ちょうど建替えの時期に来ているのです。

写真は、建替えのために今までのお住まいを解体工事中のとある現場の様子です。

築40年になるお住まいをこのたび建替えることになりました。

私自身も経験があるのですが、今まで永年住んでいた家を壊すというのは、内心複雑で寂しいものです。

特に子どもの頃を過ごした家は、その全てが思い出でありどんな細かい所も全て記憶に残っているものです。

事実、私が見る夢は、そのほとんどのシーンが、昔住んでいた家なのです。

家は、家族の生活の場であると同時に家族の成長の証でもあるのです。

だからこそ私たちは、永く住んだ家に感謝を込めて、解体工事をさせて頂きます。

『今まで永い間、家族を守ってくれてありがとう。』

形は変わりますが、家族の想いや家の記憶は、新しいお住まいに引き継がれていくことでしょう。

 

本社設計室 奥野進一

 

ご意見ご感想はこちらまで  

2018年07月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
前月 翌月

アーカイブ

バックナンバー