ページトップへ

サッカーW杯出場決定 | 建設ブログ 大野建設 埼玉

スタッフ日記 建設編

  • サッカーW杯出場決定

  • 2017/09/01(金) 未分類

皆さん、こんちには。

昨日、サッカーW杯アジア最終予選が行われ、日本代表がオーストラリア代表を2-0で勝利し6大会連続のW杯出場を決めました。昨日の試合を固唾を呑んで応援していた方も多いのではないでしょうか。まずは、予選突破おめでとうございます。

試合前の論表では、オーストラリア代表に過去の予選で勝てていないというデータや、今までの主軸の選手であった本田選手や香川選手などが怪我明けで実戦感覚がなくコンディションも悪いという状況下ということもあってこの試合は勝てないのではないかという下馬評でした。この試合で負ければ監督解任も噂された試合でもありましたので、監督としたら今までの試合で使用した実績ある選手を使用しがちですが、実績のない若手選手を入れて試合に臨みました。

ハリルホジッチ監督の戦術には批判があります。以前の日本代表監督は日本人の機敏さとテクニックと連動性を活してショートパスをつないでポゼッションを高めて試合を支配する戦術でしたが、レベルの低いアジアでは通用していて王者の戦いが出来ていましたが、W杯の本番で世界の強豪国相手となるとその戦い方は通用しませんでした。それが前回のブラジル大会でした。世界に勝つにはどうしたらよいか。その答えが昨日の試合の戦い方なのではないかと思います。前線から中盤まで走力がある選手を入れて相手がボールもったところを激しくプレッシャーを入れて相手を囲んでボールを奪い、相手の守備体制が整う前にタテパスを入れて早く攻める戦術。一対一の局面を走力を活して一対二の局面を作る戦術です。テクニックがある選手の華麗さはないが泥臭い戦術ですので批判されががちですが、私個人ですがこのような戦術の方が世界の強豪国に勝つには良いのではないかと思っています。本番での試合を今から楽しみにしています。日本代表を信じて今後も応援していこうと思います。

 

特務工事統括部 工事部 今泉秀明

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
前月 翌月

アーカイブ

バックナンバー