ページトップへ

お弁当 | 建設ブログ 大野建設 埼玉

スタッフ日記 建設編

  • お弁当

  • 2017/10/02(月) 日記

日本の弁当文化は古墳時代の「乾飯」まで遡るらしいですが、現在の弁当形が生まれたのは十六世紀の安土桃山時代だそうです。

 日本の弁当は見た目の美しさを重んじていて、家庭で作るお弁当でも見た目がきれいであればクラスメイトが注目されます。

その中で「キャラ弁」なるものが登場することになりましたが、ただ作る側の負担が増えたことは間違いありませんね。

 お隣の中国では、「日本の弁当は見た目だけでおいしくない」という人が少なからずいるそうです。

理由としては日本の弁当は冷めたものを食べるからだそうですが、「冷めてもおいしい」というのが、なかなか理解はしてもらえないみたいです。

 

 特務・工事統括部  嶋田 貴史

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
前月 翌月

アーカイブ

バックナンバー